<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

立派なお母さんになってくまろん、ちょっぴ寂しい私・・・

★8月19日すくすく順調です★
右から 3番目 2番目 1番目 4番目
a0043212_16323894.jpg


子犬たちの目も開き、子育ても順調にいってる様です。
出産前のまろんはとても甘えたさんで、常にボール遊びなどを要求してくるような感じだったのですが、
出産してからのまろんはボールのボの字も出てこないほど子育てに無我夢中といった感じで、部屋に入っても私に飛びついても来ませんでした・・・
そんなアウトオブ眼中な感じが、少し寂しくもありました。
さしづめ、夫も私が出産をした後は、こんな気持ちだったのかな~と夫の顔を見ながら思いました(;^^A
a0043212_16342362.jpg

♪短い後ろ足がそろって伸びてる姿が、なんとも愛らしいです♪
右から 4番目 1番目 2番目 3番目
  コーギー しっぽ 尻尾付き しっぽあり
[PR]
by oohasi-maro | 2005-08-19 16:31 | まろん子育て日記

しっぽを切るか?切らないか?

a0043212_16105851.jpg

★8月9日 順調に成長★まだまだ目が開く様子はありません♪
産後2~3日はまろんも気がたっていたのか、私が近づくと『うぅ~~』と唸って
警戒してましたが、この頃になるとすっかり警戒心もなくなってきました(^-^)

まろんの出産もなんとか無事に終わりこれで一安心…と思う間もなく、断尾をするかしないかと決めなくてはならない現実が待ってました…
私は断尾についてしっかりとした知識がなく、まさかこんな立派なシッポを産まれて間もない内に、麻酔もなしで根元からザックリと切ってしまうなんて思いもしませんでした。

しっぽは断尾するなら、生後数日のうちに切ったほうが良いと、ブリーダーさんに言われてました。しかし出産の時とても難産で、大変な思いをして産まれてきた子犬達のしっぽを切る事を、私はどうしても決める事ができませんでした。

中には『シッポがあったら誰もコーギーとしてもらってくれないのでは?』という意見の人もいました。でも私の中で一番心に響いた言葉は
『人間の意志で姿を変えてしまうより、産まれてきたままの姿で育ってもらわれていく方が、自然じゃないのかな~コーギーにしっぽがあってもすごく可愛いいよ!』
と言われた一言でした。

そしてしっぽ付きを理解してくれる方を里親さんに探そうと思い、しっぽは切らない事に決めたのでありました(*^_^*)
[検:コーギー 断尾 尻尾 しっぽ付き 里親募集]
[PR]
by oohasi-maro | 2005-08-09 16:10 | 断尾について

4匹のカワイイ子犬達♪

a0043212_11171793.jpg

★8月2日~3日 4匹のカワイイ子犬が産まれる★
第1子誕生から10時間かけて、まろんは4匹の子犬を産んだ!
第1子(オス)・・・羊膜の破れ  
第2子(メス)・・・羊膜の破れ&逆子
第3子(オス)・・・羊膜の破れ&体重大
(あまりの大きさに、産道に降りてくるまでの時間がすごくかかった)
第4子(オス)・・・正常分娩

第4子以外は私と夫で、まろんのイキみに合わせて引っ張り出したという感じだった!!
そして4子出産後、緑色のオロが出てきた。、万が一お腹の中に赤ちゃんがいると母体が危険になるので、念の為おじーちゃん先生の動物病院へ連れて行く。
このとき朝の4時・・・

眠さと疲労に耐えながら、1時間かけて車を運転する。
先生と、電話連絡がつかず、1時間ほど駐車場で待つ。6時頃先生が出てきてくれ、再度超音波でお腹の中を見ていただく。『お腹の中はからっぽみたいだから安心していいよ』
と言われようやく、一安心できた。早朝の時間外の診察にも関わらず、またまた先生は『これからワクチンとかでお金が沢山かかるから、お代はいらないよ』と言って下さり、感謝の気持ちでいっぱいになる♪

あ―――長い半日だったなぁ~と、夫としみじみ感じながら家へと帰った(*_*)夫は私の出産に立ち会ったときよりも、数倍疲れたみたいだった(苦笑)
[PR]
by oohasi-maro | 2005-08-03 12:11 | まろん出産

つっついに出産!汗だく第一子誕生(^^!)

a0043212_251193.jpg

★8月2日出産当日★
まろんは、朝から落ち着かない様子。自分の寝床をホジホジしている。
夕方になると、ますます穴掘り行動が盛んになったきた!陣痛がかなりつらいのか、何度も吐いてしまう・・・大丈夫だろうか?自分のお産も時よりも心配になってくる・・・田舎なので、自宅から一番近い動物病院でも車で40分はかかってしまう。
「自分達の力でなんとか頑張らねば!!」と自分に渇を入れる。

すると、まろんが陣痛に合わせ、イキみはじめた!何度も何度もイキむが、なかなか赤ちゃんは出てこない。破水もしてからだいぶ時間も経つのに・・・・すると、まろんのお尻の辺りになにやら黒いものがでているではないか!慌てて見てみると、羊膜が破れた状態で子犬の顔だけ見えていた!!
「大変だ――膜が破れて引っかかってるよ、どうしたらいいの~(半泣)」
慌てて、ブリーダーさんに電話してみる。イキみに合わせながら、子犬を引っ張り出してくれと言われ、夫と汗ダクになりながら「がんばれーもうちょっとだ!頑張れー」とまろんに呼びかけ、子犬を引き出す・・・・やっとの思いで、子犬が出てきた!!

子犬が出た後も、口や鼻に詰まってる羊水を吸ってあげ、ミャーミャーと泣くまで子犬を上下に振ってみる。3~4回繰り返すと「ミャーミャー」と泣き出した!落ち着かない様子で見ていたまろんに子犬を渡してやると、ペロペロと一生懸命子犬の体をなめはじめた。
子犬もまろんの初乳をチュパチュパと吸っている。

この瞬間、私も夫もホッとし無事に産まれてくれて本当に良かったと心から喜んだ!
★写真は、子犬がお乳を飲んでひと段落着いたところで撮った、第一子の写真です♪★



        
[PR]
by oohasi-maro | 2005-08-02 20:18 | まろん出産